親子バイリンガル教育
 親子バイリンガル教育
親子バイリンガル教育
ホーム初めての方へ無料コンテンツDVDセミナーコンサルティング親子ホームステイお問合わせサイトマップ
 
バイリンガル教育 バイリンガル教育コラム
バイリンガル教育 学習ワンポイントアドバイス
バイリンガル教育 無料学習相談室
バイリンガル教育 無料メールマガジン
バイリンガル教育 使える日常表現
バイリンガル教育 親子で楽しい英語ゲーム
バイリンガル教育 無料学習サイト集
バイリンガル教育 お勧め学習教材
バイリンガル教育 無料オンライン会員登録
バイリンガル教育 オンラインコミュニティ
バイリンガル教育 お問合わせ
バイリンガル教育 特定商取引に基づく表記
無料コンテンツの全てが利用できるようになります。>>詳細
氏名 姓:
名:
E-Mail


※また、バイリンガル教育に役立つ情報やイベント等のご案内も定期的にお届けします(解除はいつでもできます)
 
このサイトから得られる収益の一部は、ワールド・ビジョン・ジャパンを通して、世界の飢餓・貧困・災害・紛争に苦しむ子供たちを支援する活動に使われています。(宜しければ上記バナーをクリックください)

無料コンテンツトップ > バイリンガル教育コラム > コラム6
 子供と一緒に辞書・辞典を調べる
 
 私の子供達はまだ小さく、辞書を引くことができませんが、小学校の高学年になってきたら、辞書の使い方を教えて、自分から辞書を引くようにさせていきましょう。そのときは、英和、和英辞書ではなく、ネイティブの子供がやるように、易しい英英辞書を使うことをお勧めします。




Collins First School Dictoinary


The American Heritage
Cihldren's Dictionary


Merriam-Webster's Primary Dictoinary


Webster's New World
Children's Dictionary


 上記以外の英英辞書を見てみる → こちらをクリック


 
英語を英語で調べることで、子供の英語力はどんどん伸びていきます。英語が英語で蓄積されていくのですから、ある意味当然かもしれません。知らない単語に出くわすたびに調べて自分のものにしていく。その作業の積み重ねが語彙を増やし、英語力を伸ばしていきます。


 単語をたくさん知れば、意味が分からない文章が減り、きっともっと英語の本を読むことが好きになっていくことでしょう。


 また、
辞書を使ってゲームをすることもできます。


 私の子供達は英語のしりとりをするのですが、それを辞書を使ってやるのです。英単語のしりとりというと聞きなれないかもしれませんが、意外と面白いですよ。


 例えば、私が「cat」と言うと、子供はcatの最後のスペルtを使って、「t, t, tiger」と言います。そして、次の子がtigerの最後の単語rを使って「r, r, red」と言い、私が「d, d, dog」と普通の日本語のしりとりのようにやっていきます。


 スペルをそれほど教えていなかった頃から子供達がこれをできたのは、妻と一緒にフォニックスを練習し、それぞれの音とスペルの関係を身につけていたからでしょう。フォニックスは子供が単語を読めるようになるために欠かせない練習ですので、やったことがない方は、ぜひ練習してみてください。

 
 フォニックスの教材を見てみる → こちらをクリック

 
 さて話を元に戻すと、辞書を使って「
知らない言葉しりとり」をします。先ほどのように最初の人が「cat」と言うと、子供は辞書を引いて、自分が知らないtのつく単語を調べ、それを声に出して言い、一緒に意味も言うのです。


 例えば「
Tear」、意味は「If you tear something, you pull it apart.」となります。これを読んだときに、紙を裂くような意味だね、と意味を教えてあげることで、子供は知らない単語をゲーム感覚で覚えていきます。


 子供の単語力があればあるほど、知らない単語は減っていくことでしょうから、知らない単語を探すことはますます難しくなり、ゲームのレベルが上がっていきます。そこで、一度調べた単語をもう一度言うことができない、というルールにしておけば、以前調べた単語も覚えておくといことになり、長期記憶にも役立ちます。


 辞書を引く時間に時間制限を設け、それにを過ぎたらペナルティと言うようにしておけば、よりゲーム性も加わり、楽しみながらすばやく辞書を引くことができるようになっていくことでしょう。


 辞書には様々なレベルがあるので、そのときに使う辞書は、子供のレベルにあったものを使い、決して難しすぎる大人の辞書は使わないようにしてください。(辞書を購入するときは、対象年齢をチェック!)


 そのようなゲームをして辞書に慣れ親しませ、手の届くところに辞書を置き、気になった単語があったら、自分で調べるような癖をつけていけば、中学に上がるまでに驚くほどの単語力をつけていることでしょう。


 「
手の届くところに置く」ということがとても重要です。近くにないと、つい面倒くさくなったり、後で調べようと思って忘れてしまうことにもつながりかねません。


 辞書は調べる頻度に合わせて引くのが上手くなり、引くのが楽になっていきます。その頻度を減らさないように、ぜひ辞書は辞典と一緒に近くにおいて置きましょう。


 また、「辞書は子供のもの」と考えず、親も分からない単語があったら、辞書で調べるようにしてみてください。親が辞書を引いている姿を見ることで、子供も辞書を引くようになるのです。親が一度も辞書を引いているのを見たことがない子供が、どうやって自分から辞書を引くようになるのでしょうか。


 ぜひ、日常の中で辞書を「
家族の友人」とし、徹底的に辞書を活用して親子で単語力をつけていきましょう!


<< コラム5を読む コラム7を読む >>
皆様の励ましのご感想ほど私達に情熱を与え、元気付けてくれるものはありません。どのようなご感想でも結構です。上記コラムを読んでみての感想を下のボタンをクリックしてご送信ください。また、このようなことに関してコラムを書いて欲しい、というようなご要望などありましたら、そちらも下記ボタンをクリックし、お気軽にお知らせください。
※SSL暗号通信により、お客様のウェブブラウザーとサーバ間の通信が
すべて暗号化されますので、ご記入いただく内容は安全に送信されます。


ニューリーフ・プロダクション New Leaf Productions
サイト内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。
(c) Copyright 2007 New Leaf Productions, All rights reserved. No reproduction without written permission.