親子バイリンガル教育
 親子バイリンガル教育
親子バイリンガル教育
ホーム初めての方へ無料コンテンツDVDセミナーコンサルティング親子ホームステイお問合わせサイトマップ
 
バイリンガル教育 バイリンガル教育コラム
バイリンガル教育 学習ワンポイントアドバイス
バイリンガル教育 無料学習相談室
バイリンガル教育 無料メールマガジン
バイリンガル教育 使える日常表現
バイリンガル教育 親子で楽しい英語ゲーム
バイリンガル教育 無料学習サイト集
バイリンガル教育 お勧め学習教材
バイリンガル教育 無料オンライン会員登録
バイリンガル教育 オンラインコミュニティ
バイリンガル教育 お問合わせ
バイリンガル教育 特定商取引に基づく表記
無料コンテンツの全てが利用できるようになります。>>詳細
氏名 姓:
名:
E-Mail


※また、バイリンガル教育に役立つ情報やイベント等のご案内も定期的にお届けします(解除はいつでもできます)
 
このサイトから得られる収益の一部は、ワールド・ビジョン・ジャパンを通して、世界の飢餓・貧困・災害・紛争に苦しむ子供たちを支援する活動に使われています。(宜しければ上記バナーをクリックください)

無料コンテンツトップ > バイリンガル教育コラム > コラム5
 リビングに辞典や教材をさりげなく置こう!
 
 子供の活字離れが叫ばれていますが、実は子供は好奇心の塊で、様々な知識を吸収したがっています。子供が本を読まないのは、「子供が本を読むための環境を、親が作ってあげていないから」ということも大きな要因になっていると思われます。


 私の子供達は、非常に良く本を読みます。これは自慢でも何でもなく、本当のことです。橋本駅の駅前ビルに大きな図書館があるのですが、よく図書館に行き、1人8冊の限界ギリギリまで毎回本を借り、時には借りすぎてしまい、数冊あきらめなければならないほどでした。


 私の家は5人家族ですから、毎回40冊近くの本を借りている計算になります。本を返しに行くときは、家中に散らばっている本を集めるのに大騒ぎですが、それでも子供達が様々な本に触れる環境ができているので、とてもいいことだと考えています。


 彼らは、気が付くと、英語、日本語に限らず、何らかしらの本を手にとって読んでいます。子供は気に入った本があると、何十回でも同じ本を読みますが、それでいいのです。その本の内容を覚えてしまうくらい読むと、その本の中の文章を覚え、それが自分の文章になっていきます。

 3歳の娘は、「Knock Knock! Who's there?」(右)という本が大好きです。


彼女は、本の中の怪獣が出てくるシーンで、怪獣が「
I'm going to cook you for my tea.」という表現を覚え、怪獣の声を真似して、あまり意味も分からず「I'm going to cook you for my tea.」と言っています。


 息子も「There was an old lady who swallowed a fly.」(下)という本が大好きで、「
You are an old lady who swallowed an airplane.」などと単語を変えてジョークを言っています。

関係代名詞など知らなくても、文章を丸ごと覚えて、それを使えるのです。子供が英語を学ぶのに単語からやらなければいけないということなどありません。


母国語を習得するときに、子供が単語しかわからないからといって単語しか話さない親などいません。どんどん文章で話しかけ、子供はその中から様々な表現を吸収していくのです。


 現在はとてもよい英語の百科事典が手ごろな値段で手に入ります。(下記のどれも1500円程度で手に入ってしまうから驚きです!)



Mini Children's Encyclopedia


Scholastic Children's Encyclopedia


Visual Encyclopedia Of Animals


Visual Encyclopedia Of Science

 上記以外の子供用英語百科事典を見てみる → こちらをクリック

 子供用英英辞書を見てみる → こちらをクリック


 こういった質の高い英語百科事典や子供用英英辞書などをリビングの上にさりげなく置いておけば、
子供は好奇心からそれを眺め、そこに書かれていることを吸収していくことでしょう。百科事典をそろえてそれを本棚にホコリまみれで置いておくことほどもったいないことはありません。ボロボロになってもいいので、目に付くリビングやキッチンなどに置いてしまいましょう。


 また、子供に読ませるだけではなく、親も子供と一緒に引きながら、「へ〜、これって○○って言うのか」というように、進んで
楽しみながら英語を学ぶ姿勢を見せてあげることも必要です。そこで親子のコミュニケーションが生まれ、楽しい思い出の時間になっていきます。また、そうすることで、子供もより一層、自分から辞典を開くようになっていくことでしょう。


 英語が多少分からなくても、そこに載せられているきれいな写真を見ながら、子供と話をすれば、コラム4でも書いたように、子供とのコミュニケーションが英語力を上げる結果につながっていくことでしょう。


 「子供が本を読まない」と嘆くのではなく、
英語の本を読みたくなるような環境作りをしてあげ、テレビやゲームではなく、読書の時間を設けてあげることも必要でしょう。


 私の家では、テレビを見たり、ゲームをしません(テレビもゲームもありますが、日常的にそれをすることはありません)。そのため、本を読むことが子供達の楽しい活動になっています。


 これは、毎晩子どもたちに本を読んであげている妻の努力の賜物でもありますが、そのような環境作りを通して、自然と子供を本好きになっているのだと思います。きっと子供は、
さりげなく置いてある英語の本からどんどん単語や表現を吸収していくことでしょう。


 注意事項というか私の失敗談なのですが、子供があまり小さいうちは、百科事典などは手の届くところに置かない方がいいと思われます。私の長女がまだ小さかったとき、長男のために子供用の辞書を3冊買ったのですが、
子供達が大きくなる前にビリビリに破かれてしまい、せっかくの辞書が台無しになってしまったことがありました(悲)。


 本を大切に使えるようになるまでは、あまり高額な辞典は買わず、図書館で借りた本などにしておくと無難です(図書館の人ごめんなさい!)。


 子供を本好きにする、英語の本から英語を吸収させるためにも、たいした努力を必要としない、「
リビングに辞典や教材をさりげなく置こう!」作戦を決行してみてください。きっと思いもよらない成果が出ることでしょう。

<< コラム4を読む コラム6を読む >>
皆様の励ましのご感想ほど私達に情熱を与え、元気付けてくれるものはありません。どのようなご感想でも結構です。上記コラムを読んでみての感想を下のボタンをクリックしてご送信ください。また、このようなことに関してコラムを書いて欲しい、というようなご要望などありましたら、そちらも下記ボタンをクリックし、お気軽にお知らせください。
※SSL暗号通信により、お客様のウェブブラウザーとサーバ間の通信が
すべて暗号化されますので、ご記入いただく内容は安全に送信されます。


ニューリーフ・プロダクション New Leaf Productions
サイト内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。
(c) Copyright 2007 New Leaf Productions, All rights reserved. No reproduction without written permission.